リスクをここまで紹介したのは本教材が初めて

インフォトップで販売されているせどり教材の一覧ページを見ますと、ほぼ全てが「売る」ことに主点を置いていることが分かるはずです。

 

しかし、Amazonで商売することのリスクについて、詳しく書かれた教材は見たことがありません。

 

Amazonは、ルールを知らないと簡単に消されます。
Amazonには、「Amazonマーケットプレイス出品規約」という、厳格な規則が設けられています。
そして、Amazon規約に反する行為をした場合、Amazonは容赦なく出品者(セラー)を切り捨てて、Amazonマーケットプレイスから排除しす。

 

本教材では、52の事例を用いて、Amazonから切り捨てられたセラーを多数紹介しています。
それを読むと、Amazonの冷酷さ・非常さがよく分かるはずです。

Amazonで安全に商売する方法をお伝えします

Amazonは、Amazonアカウント停止、Amazonアカウント閉鎖の制裁を加えることで、セラーを切り捨てます。
Amazonアカウント停止、Amazonアカウント閉鎖のペナルティを受けて、Amazonアカウントが消されると、復活するのはほぼ不可能です。

 

Amazonは、Amazonアカウントが消されるケースについて、規約以外は公表していません。
ですので、何をやったらAmazonアカウントが消されるのか、こちら側で熟知する必要があります。

 

本教材では、52の事例を用いて、Amazonのシステムの落とし穴を詳しく説明しています。
この事例をよく読むことで、Amazonで安全に商売できるはずです。

 

私は、2012年からせどりを始めて、これまで、主に新品CD・DVDを30,000点ほどAmazonに出品してきました。
そして、総売上9,000万円・税引き後総利益3,000万円の実績を出しました。
2014年度には、CDせどりのブルーオーシャン市場を攻めたことで、年商5,670万円・月商1,000万円・税引前純利益約3,000万円の実績を出しました。
このように、それなりの数を販売して、それなりの金額の売上を出してきましたが、この過程で、Amazonアカウントが消されたことは一度もありません。
Amazonテクニカルサポートから、警告メールを受けたこともありません。
理由は、Amazonルールを勉強して、Amazon規約に則って、正しく商売してきたからです。

 

本教材の事例を勉強すれば、自動的に、Amazon規約に則って、安全に商売出来るはずです。
本教材を勉強することで、Amazonアカウントが消されるという不安が解消されるでしょう。

本教材の内容

本教材で紹介する52の事例を、簡単に紹介します。

<事例 その1> アップロードによる一括商品登録機能を使うとアカウント停止に
<事例 その2> Amazon出品代行業者を使うと、7万円近くの金を失いアカウント停止に
<事例 その3> FBAと自己発送の両方で同時出品してアカウント停止に
<事例 その4> 中国輸入せどりで失敗してアカウント停止に
<事例 その5> 【Amazon.co.jp限定】商品を出品してアカウント停止に
<事例 その6> 中国輸入したレーザーポインタを出品してアカウント停止に
<事例 その7> 複数アカウントで運営してサスペンドされた輸出せどらーの事例
<事例 その8> ロリコンどもらが一斉にアカウント閉鎖に
<事例 その9> 中古PCやWi-Fiを使うとアカウント閉鎖になる
<事例 その10> 競合商品を潰そうとするとアカウント閉鎖の可能性あり
<事例 その11> 無在庫販売に手を染めるとすぐにアカウント閉鎖に
<事例 その12> 無在庫販売に手を染めてアカウント閉鎖になりそうなセラー
<事例 その13> マイナンバー制度の導入でアカウント閉鎖になるセラーが続出!?
<事例 その14> 他人から商品を譲り受けてアカウント閉鎖になった事例
<事例 その15> 納品時の数量差異が続くとアカウント停止に
<事例 その16> 商品カタログを複製するとアカウント停止になる?
<事例 その17> 返品時に往復の送料で購入者と揉めてアカウント停止に
<事例 その18> 購入者に発送を急かされてアカウント停止に
<事例 その19> 注文した覚えがないと言われてアカウント停止に
<事例 その20> 購入者が二重注文をしたせいでアカウント停止に
<事例 その21> 価格交渉に応じたせいでアカウント停止に
<事例 その22> 購入者が商品を使った後に返金を迫ってアカウント停止に
<事例 その23> トレーディングカードを出品してアカウント停止に
<事例 その24> 追跡番号が無いせいでアカウント停止に
<事例 その25> 商品説明文の書き方が悪いとアカウント停止に
<事例 その26> 商品をまとめて梱包して発送するとアカウント停止に
<事例 その27> プレミア価格のおもちゃが原因でアカウント停止に
<事例 その28> 運送会社が発送遅延を起こすとアカウント停止に
<事例 その29> スリップ付きの本を販売するとアカウント停止に
<事例 その30> ネカフェ上がりの中古本を販売してアカウント停止に
<事例 その31> チャージバック申請をされてアカウント停止に
<事例 その32> Amazonは偽物を相乗り出品するFBA出品者を守るがアカウント停止は防げない
<事例 その33> 製造物に欠陥があるせいでアカウント停止に
<事例 その34> 運送会社が商品を紛失してアカウント停止に
<事例 その35> 購入者から商品を盗まれてアカウント停止に
<事例 その36> 返品対応不満足度という無茶苦茶な指標のせいでアカウント停止に
<事例 その37> 商品カタログの登録先を間違えるとアカウント停止に
<事例 その38> 送る商品を間違えるとアカウント停止に
<事例 その39> 返金ルールを知らないとアカウント停止に
<事例 その40> 飛脚メール便の使い方を誤るとアカウント停止に
<事例 その41> 購入者の住所に不備があるとアカウント停止に
<事例 その42> コンディション・ガイドライン知らないとアカウント停止に
<事例 その43> 評価リクエストのやり方を誤るとアカウント停止・閉鎖に
<事例 その44> 購入者が住所の記載ミスをしたり受取拒否するとアカウント停止に
<事例 その45> 購入者の電話番号が表示されない仕様のせいでアカウント停止に
<事例 その46> 商品をボロボロに使い倒して返品されたらアカウント停止に
<事例 その47> 素人がパソコン部品せどりをするとアカウント停止に
<事例 その48> 中身を抜かれて返品されたらアカウント停止に
<事例 その49> 購入者が未成年者だとアカウント停止に
<事例 その50> 追跡番号を付けずに出荷したらアカウント停止に
<事例 その51> 商品画像を変更するとアカウント停止に?
<事例 その52> アカウント閉鎖から復活出来た貴重な事例を紹介!!

 

上記の事例をよく読むことで、Amazonアカウントが消されるような、誤った商売をすることが無くなるはずです。

Amazonは非常に素晴らしい販売媒体

Amazonはルールさえ守っていれば、これほど使える販売媒体は他にありません。

売れやすい

日本では、毎日100万人以上の方がAmazonを訪れています。
そして、Amazonは、購入者が利用しやすく、かつ、購入意欲を刺激するサイトレイアウトを実現しています。
なので、Amazonでは、毎日莫大な物量の商品が売れています。
我々がAmazonに商品を出品すれば、比較的短期間で売れていくことが実感できるはずです。

FBAが特に素晴らしい

Amazonには、2つの出品方法があります。
自己発送とFBAです。

 

2つの出品方法の中で、特にFBAが素晴らしいサービスだといえます。
AmazonがFBAというサービスを用意してくれたおかげで、私はこれまで、新品CD・DVDを30,000枚、総売上9,000万円・税引き後総利益3,000万円の実績を出すことが出来ました。

 

FBAとは、フルフィルメント by Amazonの略称です。
これは、AmazonフルフィルメントセンターというAmazon倉庫に、我々が仕入れた商品を預けておけば、後は、Amazonが梱包・出荷・購入者から代金を徴収してくれるサービスです。
仕入れた商品を、Amazonフルフィルメントセンターに納品さえすれば、後はAmazonが働いてくれるので、「収入の一時的な自動化」が実現できます。

 

しかも、新品商品であれば、FBAを利用すると、容易に売れやすくなります
理由は、カートボックスというシステムが、Amazonで用意されているからです。
FBAのこれらのメリットを活かし、私は、新品CD・DVDを30,000枚、総売上9,000万円・税引き後総利益3,000万円の実績を出すことが出来ました。

自己発送はFBAより利益が見込める

Amazon手数料と、販売価格に上乗せされた送料を浮かすことで、大金を手に入れることが出来るかもしれません。
自己発送とは、Amazonで出品した商品が売れたら、自分で梱包して、購入者の元に発送するという出品方法のことです。
自己発送のデメリットは、売上確認や梱包や出荷作業を自分でやらねばならず、FBAと比較して、非常に手間がかかるということです。
しかし、自己発送には、「手数料がFBAより安い&送料が上乗せされる」、という非常に大きなメリットがあります。

 

以下、数字を交えて、自己発送はFBAより利益が見込める根拠を示します。

Amazon手数料

ここで言う手数料とは、Amazonに出品している商品が売れた場合に発生する費用を言います。

 

Amazonでは、1つの商品に対して、以下の手数料がかかります。
・販売手数料
・カテゴリー成約料
・100円の基本成約料(小口出品のみ)
・出荷作業手数料(FBAのみ)
・発送重量手数料(FBAのみ)
※この他、FBAでは、毎月の「在庫保管手数料」が発生します。

それに対して、自己発送の場合は、「販売手数料」と「カテゴリー成約料」と「100円の基本成約料」しかかかりません。

どのくらい手数料に違いが出るのか

販売価格1,480円の新品CDを販売した場合を例にとって、説明します。

FBAの場合(2016年12月現在)

・販売手数料 240円
・カテゴリー成約料 151円
・基本成約料 100円(小口出品のみ)
・出荷作業手数料 88円(FBAのみ)
・発送重量手数料 58円(FBAのみ)
※商品モデル:劇場版 ワンピースTHE MOVIE デッドエンドの冒険 ミュージックコレクション(CCCD)

自己発送の場合

「出荷作業手数料 88円」と「発送重量手数料 58円」がかかりません。
ですので、販売価格1,480円の新品CDに対して、手数料が146円浮きます。

上乗せされる送料を浮かす

自己発送の最大のメリットと言えます。
自己発送でCD・DVDを販売した場合、送料が350円上乗せされます。
(Amazonヘルプページ「出品者の配送料と配送条件」参照)

 

もし、特約ゆうメールの小口契約をしていて、商品1口当りの送料が80円程度で済むならば、270円の黒字になります。
先程紹介したAmazon手数料で浮いた分146円と合わせると、416円の黒字になります。
CDを10,000枚仕入れて販売した場合、自己発送でしたら、416万円もの大金を浮かすことが出来てしまいます。

 

これが、自己発送のメリットです。

Amazonアカウント停止とAmazonアカウント閉鎖

Amazonアカウントが消されるとは、Amazonアカウント停止、またはAmazonアカウント閉鎖になることを言います。
我々せどらーは、Amazonアカウントと呼んでいるそれは、正確には「出品用アカウント」と言います。
Amazonアカウント停止、Amazonアカウント閉鎖は、以下のように定義されています。

Amazonアカウント停止:出品用アカウントの出品権限が一時的に停止
Amazonアカウント閉鎖:出品用アカウントの出品権限が取り消される

(Amazonヘルプページ「よくある質問:顧客満足指数」参照)

具体的どんなペナルティが課されるのか

以下、Amazonアカウント停止と、Amazonアカウント閉鎖になった場合のペナルティ内容を紹介します。

Amazonアカウント停止

商品の出品が一時停止され、Amazonセラーセントラル内で確定している入金額の一時凍結などのペナルティが課されます。
あるセラーが、Amazonテクニカルサポートから通知された、アカウント停止のメール内容を紹介します。

amazon.co.jpからの初回一時停止のお知らせ(パフォーマンス通知)
この度、出品者様のお取引履歴を確認しましたところ、Amazonマーケットプレイス参加規約/出品規約など、当サイトの規約に抵触する行為が見られました。
・並行輸入品や海外版など、当サイトの商品の詳細ページに掲載されている商品とバージョンが異なったり、同一商品ではない仕様の商品を出品。
アカウントは一時停止されています。
当サイトは、過去にも同様の規約違反に係る注意喚起を行い、改善を要請しておりました。しかし誠に残念ながら、再度、同様の規約違反が以下の商品においてこのたび確認されました。(これまでの規約違反に対する改善要請の詳細は、出品用アカウントにログインの上、「パフォーマンス通知」タブよりご確認いただけます。)
ASIN: XXXXXXX
商品名: とある商品
上記ASINは、正規流通品を出品する商品詳細ページとなっています(この方は、正規品の商品ページに並行輸入品を出品したため、規約違反でアカウント一時停止になりました)
が、出品者様は、発送元: CA, アメリカ合衆国より商品を発送しており並行輸入品であると判断できるため、出品規約に抵触いたします。
関連する規約については、以下のURLをご確認ください。
アカウントを19日間一時停止とさせていただきます。
お手数ですが、以下のリンクをご確認のうえ、17日以内に、規約違反の問題を解決するための実行可能な改善策をご提出いただきますようお願いいたします。
もし期限内に適切な改善策をご提出いただけない場合は、無期限でアカウントを閉鎖させていただく運びとなりますことをご了承ください。

Amazonアカウント閉鎖

二度とAmazonセラーセントラルを利用できなくなります。
FBAの場合、Amazonフルフィルメントセンターに預けている商品を、引き上げなくてはなりません。
その場合、多額の返送料をAmazonから請求されます。
あるセラーが、Amazonテクニカルサポートから通知された、アカウント閉鎖のメール内容を紹介します。

Amazon.co.jpからの重要なお知らせ
平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。
このたび、出品者様のアカウントをお調べしましたところ、以前当サイトにて、閉鎖いたしましたアカウントと関連があると判断しましたため、誠に勝手ながら、本アカウントにおいても同様に閉鎖させていただく運びとなりました。
なお、この閉鎖により、今後は下記の処理を取らせていただきますことをご了承ください。
(1) 商品の発送が完了していないご注文については、適切な手段で商品を出荷、またはキャンセル処理を行っていただきますようお願いいたします。
(2) 出品者用アカウントの閉鎖により、購入者から未着によるマーケットプレイス保証の申請がされる場合がございます。この場合には、当サイトが出品者様に代わり、返金の手続きをさせていただきますのでご了承ください。
(3) 出品アカウントの閉鎖の時点で、ペイメントアカウントに残高がある場合は、購入者がマーケットプレイス保証を申請できる期限(90日後)が経過した後で、お振込み手続きを開始させていただきます。
(4) 過去24時間の間に振込が開始された場合は振込が停止され、マーケットプレイス保証の申請できる期限が終了するまでは、出品アカウントがロックされているため振込は開始されません。
(5) フルフィルメントby Amazonにご登録いただいており、フルフィルメントセンターに納品している商品がある場合には、お手数ですが、出品アカウントよりご自身の責任で返品又は破棄の処理を行っていただきますようお願い申し上げます。ご不明な点がございます場合は、テクニカルサポート(出品者サポート) (トピックは「その他の質問またはリクエスト」をご選択下さい)までご連絡ください。アカウントの閉鎖より90日以内に、返品または処分を指示しない場合は、フルフィルメントby Amazonサービス条件に基づき、FBA在庫を破棄させていただきますのでご留意ください。
永らく、Amazonマーケットプレイスをご愛顧いただき、ありがとうございました。
アカウントスペシャリスト
Amazon.co.jp

52の事例を読むことで安全な商売が可能になる

このように、Amazonアカウント停止、Amazonアカウント閉鎖のペナルティを受けて、Amazonアカウントが消されると、復活するのはほぼ不可能です。
しかも、Amazonは、何をやったらAmazonアカウントが消されるのか、規約以外に公開していません。

 

何をやったらAmazonアカウントが消されるのか、我々の方で、しっかり勉強しましょう。
本教材で紹介する52の事例を読んでおけば、Amazonアカウントが消されるという事態には、ならないはずです。

 

そして、本教材では、Amazonアカウント停止、Amazonアカウント閉鎖から復活した事例も紹介されています。
もし、Amazonアカウントが消されてお困りの方は、試しに本教材に書かれている内容を実践してみて下さい。

無料特典

在庫管理情報19,200点

この無料特典の内訳は、新品CD・DVD19,200点の出品詳細レポートと在庫管理情報です。

出品詳細レポートとは

在庫管理画面にある商品一覧をExcel表示させたものです。
新品CD・DVD19,200点の商品の、商品名と価格などが一覧されています。
プレミア価格で売れた実績のあるCD・DVDが何百点もあります。
30,000円、40,000円で売れた実績のある商品も数多く含まれています。
この出品詳細レポートがあると、プレミア価格で売れた実績のある商品をリスト化して、実店舗やネットショップに同じ商品が売られていないか、リサーチ出来ます。

在庫管理情報とは

「在庫管理画面」に表示される商品一覧のことです。
この在庫管理情報19,200点を、皆さんのAmazonセラーセントラルの在庫管理画面にアップロードすることで、私が作成した商品情報を流用して、商品登録作業を簡単に済ませる事ができます。

仕入れた商品を新規出品する時は、商品登録画面を使って商品情報を登録します。
この商品情報登録作業、結構面倒で時間がかかります。
商品情報登録時に特に重要になるのが、「価格」と「商品説明文」です。
この二つがしっかりしていないと、商品は絶対に売れません。

ですが、「商品説明文」が顧客の要望に応える内容になっていれば、最安値よりも高く売れることが多々あります。
ですから、「価格」の決定と「商品説明文」作成には、時間をかけてでも入念に取り組む必要があります。

しかし、私が提供する、在庫管理情報19,200点それぞれの商品には、相場を踏まえた適正価格が設定されており、商品説明文も訴求力のある文章が記載されています。

Amazonセラーセントラルにある、「アップロードによる一括商品登録」機能を使って、皆さんの在庫管理画面に私の在庫管理情報19,200点を登録しますが、ファイルチェックでエラーが無いことを確認済みです。
tokuten

ビジネスレポート13,000件分

ビジネスレポート13,000点の商品を洗い出して、Amazonで相場を無視した高値で設定されているランキングが低い商品を探し当てることができます。

この手の商品は、定価付近が適正価格であるケースが多いと、私の経験上言えます。
ですが、ランキングが低い商品ですので、店舗やネットショップで売れ行きが悪い商品とみなされ、非常に安値で販売されていることが多いです。
それを逆手に取り、その商品を店舗せどりしたり、ネットショップを使って電脳せどりをして仕入れて高値で売る、という戦略を練ることが出来てしまいます。

具体的な着目点をお伝えします。

ビジネスレポートとは、個々の商品の売れ行きを、様々な角度から分析して数値化したものを、商品ごとに一覧した表のことです。

このようなデータが、Excelにまとめられています。

★B’zのBrotherhoodというCDアルバム。

(親)ASIN (子)ASIN 商品名 SKU セッション セッションのパーセンテージ ページビュー ページビュー率 カートボックス獲得率 注文された商品点数 ユニットセッション率 注文商品売上 注文品目総数
B00003IQNM B00003IQNM Brotherhood V8-GZIZ-5U49 4,600 0.06% 6,660 0.06% 79% 72 1.57% 167,788円 72

重要なのは、黒太字で示しました「ユニットセッション率」です。

ユニットセッション率とは、この商品のページを開いた人が、どの位の確率でこの商品を買ってくれるのかを表す指標です。
つまり、ユニットセッション率が高いと、出品すれば売れやすい商品なのかどうなのかが分かります。
ユニットセッション率が高ければ高いほど、出品すれば売れやすい商品と言えます。

あらかじめユニットセッション率が高い順に並べてあります。

みなさんがやることは、ビジネスレポートに一覧された商品を上から順に見ていき、ユニットセッション率が高く、セッションやページビューが少ない商品を探すことです。
セッションやページビューが少ない商品というのは、その商品の商品ページを訪れる人が少ないということです。

商品ページを訪れる人が少ないので、ランキングが低くなりがちです。
何故ランキングが低いのか?

その商品自体に魅力がないというのが一番の理由ですが、この手の商品は往々にして、最低価格が非常に高く適正価格でない相場を無視した価格が設定されているため、ランキングが低くなるのです。
こうした商品は、モノレートの波形を精査して、適正価格を設定してあげると、売れる可能性が高いです。
私の経験上、こうした商品の適正価格は、定価以上であることが多いです。

しかし、TSUTAYAやWonderGOOなどのチェーン店や、ネットオフなどのネットショップは、こうしたランキングが低い商品は売れないと判断して、かなり大胆な値下げをしてきます。

私のビジネスレポートには、13,000件の商品が一覧されています。
この13,000点の商品で、ユニットセッション率が高く、セッションやページビューが少ない商品を洗い出して、Amazonで相場を無視した高値で設定されている商品を探し当て、その商品を店舗せどりしたり、ネットショップを使って電脳せどりをする、という使い方が出来ます。

是非ご活用下さい。

本教材の内容と価格

本教材の内容と価格は、以下の通りになります。

・Amazonアカウントが消されないために!安全に商売する「52の事例集」 PDF236ページ

・在庫管理情報19,200点 Excelファイル

・ビジネスレポート13,000件分の商品情報 Excelファイル
→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。

価格:4,980円

 

※商品ファイルの閲覧には、アイドック株式会社が提供する無料ソフト「bookend」がインストールされている必要がございます。

 

商品に関してのお問い合わせは、こちら(yoshidamasanori2@gmail.com)にて承ります。
「特定商取引法に基づく表記について」の詳細はこちらです。

 

なお、本教材は、以下の環境にて動作確認が取れています。
【OS】Microsoft Windows XP・Vista・7・8・10
【Excel】Microsoft Excel 2002/2003/2007/2010/2013

それでは、どうぞよろしくお願い致します。

 

教材販売者  吉田 雅憲